各話ネタバレ・感想

【完全ネタバレ】日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~第8話。人気エロ同人の最終回!

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

とうとう最終話を迎えました!!

 

最終回を読んでみての結論を先に言うと

「こんな展開になったとは…エロ!」

でした(笑)

 

最後まで興奮できるエロを突き抜けて下さったこの作品。

チンジャオ娘・達磨さん転んだのコラボ合作の中では最高傑作だと思っています!

とにかく読んでみて欲しいレベル!

これで1話87円は安いって!!

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~
▼▽続きを読むには画像をタッチし▽▼
「続きを読む」をタッチ


 

第8話 「もしかしてお姉ちゃんのこと…」そして日焼け跡が癒える頃には

河原で散々セックスした4人。

空も夕焼け色になってきてそろそろ帰らなくてはいけなくなった。

 

「これで最後やから…これ終わったらやめるから…ね♥ヒロくん♥」

愛美は騎乗位でヒロトにご奉仕をしていた

涼音はタケルにフェ●をしていたが、

途中でもよおし、なぜかタケルが見たいと言い始め、2人は岩陰のほうに行ってしまった。

 

すると愛美が口を開く

「ねえ…ヒロくんって涼音ちゃんのこと好きだったん?」

愛美の質問に驚きつつも否定するヒロト。

すると、愛美は安どの表情を浮かべた

「…ウチね、昔からヒロくんのこと好きだったんよ?」

突然の告白にヒロトも驚きを隠せないヒロト

 

愛美は更に腰を振る。同時におっぱいも揺れてとても眺めがよさそう

そしてタケル同様、愛美はヒロトに逆プロポース

「ウチのこと…お嫁さんにしてくれる??」

たわわなおっぱい揺らしながらこんな可愛い告白されたらOKしないはずがない!

「俺も好きだよまな姉」と伝えたヒロトは、愛美の中で盛大に射●

 

「ヒロくん来年も遊びに来てね。

それまで向こうで他の子と浮気したらイヤやよ?」

 

そんなこんなで、晴れて全員カップルになったが…

 

都会に帰ってきた涼音とヒロトは

もうただの姉弟ではなくなってしまっていた。

 

そこには、うつ伏せの姉の後ろからバックで犯●ヒロトがいた。

「ヒロ…まだお母さんたち起きてるのに…っ」

「そんなこと言ってほら…姉ちゃんのオマ●コ、僕の嬉しそうに締め付けてくるよ」

愛美とセックスする時のヒロトとは違い、

かなり姉に対して遠慮もせず、グイグイきている。

「ほらほらタケルに言っちゃうぞ!大好きなすず姉はチ●ポが欲しくて…毎晩隣の部屋からオ●ニーの声聞かせて弟を誘惑してわざとレ●プされてから毎日セックスしちゃってる浮気ビッチだって…!」

長いセリフ…

ヒロトってこんなんだったっけ??

もはやこの第8話で、全話分のセリフ言ってんじゃないか

という位のヒロトのセリフの多さよ…

 

実の弟に激しく突かれ、浮気ビッチと

言われながらも快楽にひたるエロい涼音

 

やはり涼音の身体は襲いたくなるほどセクシーだったのか…

 

「ねえ姉ちゃんタケルのと僕のどっちが気持ちいい?」

そういってヒロトは更に激しく腰を振り、涼音を犯●。

「ほらイけっ!僕のチ●ポでイっちゃえ姉ちゃん!」

激しく姉を責める弟に涼音はマ●コを

ヒクヒクさせながらイってしまった。

 

姉とこんな関係になり、最近は姉を

意識して遠慮をする事が無くなり、

昔の様に姉弟の会話が増えてきた気がしているヒロトだった。

無料立ち読みは画像↓をタッチ

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~最終話を読んで

いや~とうとう終わっちゃいました

僕の最近の楽しみだった「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」

 

最後までエロかったです。

さすがチンジャオ娘の作品といったところでしょうか。

 

個人的には、今まで見てきたどのシーンよりも、

最後の姉弟でのセックスシーンが一番抜けましたw

 

ヒロトの激しめなプレイにアへ顔でヨガる涼音に興奮しない奴はいないでしょ!

めちゃんこ抜いちゃいました…。

 

あんなエロエロな姉が毎晩隣でオ●ニーしてたらそりゃ襲っちゃうーーー

是非ともヒロトと涼音の家に泊まりに行きたい…

 

ただ個人的には涼音達が帰った後に、愛美とタケルはどうなったのか、

ちょっとだけでもラストで見たかったな~…とも思った。

 

まぁ「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」はヒロトが主人公の話だから

最後はヒロト目線の話で終わるよね。

 

だけど最後にもう1度だけ…

愛美のおっぱい見たかっ(ry

前半さんざん見たのに…

 

とにかく、最後までエロくて興奮できるマンガでした。

これは絵と共に見てもらいたいです!!

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~
▼▽詳細はコチラ↓をクリック▽▼