手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

エロ漫画】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので /小桜クマネコ・チンジャオ娘

チンジャオ娘・小桜クマネコの最新コラボエロ漫画

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』


↑↑もっと見る↑↑

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないからレ●プした。

 

産まれてから今まで、娘だと思って育ててきた女は俺の子じゃなかった…。

という事実を知った男は、怒りとショックで絶望に。

 

と同時に、

娘じゃないなら、ハメたって問題ないよなぁ!!

と、溜まっていた性欲をぶつけるかのように、娘だと思っていた女にぶつける

 

愛情たっぷりのご飯で大きくなったお尻

マシュマロみたいなふわふわ爆乳おっぱい

全部俺が喰ってやる!!!

 

父と思っていた男からの突然のセックスに戸惑う少女

しかし次第に父ではなく、男性としての逞しさに惹かれていき…

 

近親相姦じゃないけど近親相姦のような、ちょっぴり切ない…

だけどめちゃめちゃシコい!!

激エロな展開になります♡

▼手塩にかけた娘▼
▼詳細・試し読みはコチラ▼


 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 簡単なあらすじ

産まれてきてから大事に育ててきた娘。

 

しかしある時、事態は一変する。

 

とあるきっかけで、娘は自分の子じゃない事を知った。

今まで手塩にかけて育ててきた娘だと思っていたのに…

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明した男は、怒りや絶望が混じった気持ちになった。

 

しかしそんな時ふと娘に目をやると、かなり成長した女性らしい身体つきになっている事に気が付いた。

 

今までは娘としか見ていなかったから、気にしたことも無かったが…

マシュマロみたいなおっぱい

沢山食べて育ったムチムチのお尻

色白の透き通った肌

 

男はなぜか興奮してきた。

というか…娘じゃないなら…別に良いよな…

 

そうつぶやくと男は突然、娘だと思っていた女を押し倒してキスを始め、柔らかい胸を揉みしだいた。

 

女はビックリして振り切ろうと思ったが、力が強くてされるがまま。

 

「あ…ダメ…!!」

泣きわめく娘をガン無視して、男は処女だった娘のマ●コに自分のデカイチ●コを挿入れた。

 

大人の男の逞しいデカチンが、小さな処女穴にズブズブと入ってしまい、初めは痛みで叫んでいた女だったが、次第に気持ち良くなってきてしまう。

 

すると陽葵からまさかの発言が

「お母さんには…言わないから」

 

それ以来男は、ヒマさえあれば女にハメるようになってしまった。

そして女も逆らえないので、言いなりになり、時には口をオ●ホの様に扱われてる事も。

 

しかしやはり娘としての名残もあり、優しくはしてしまう男。

父の優しさを知っている女は、優しさの上に男のチ●コの逞しさに段々と惹かれていった。

 

そしてある日、寝ている男に自ら近付き…

▼続きはこちら▼

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 配信タイトル

第1話 娘がただのメスになった日

どこにでもいて、いたって普通のサラリーマン、中村俊樹

そんな俊樹の生きがいは、一人娘の陽葵

産まれた時から手塩にかけて育ててきた陽葵は、俊樹にとって目に入れても痛くない存在。

手塩にかけただけあって陽葵も父親の事が大好き。

思春期の反抗期のようなものも無く、いつまでも父親にべったり。

どこからどう見ても理想的で幸せそうな親子。

しかし父親にはある疑問があった。

それは…

娘と全く似ていない事

顔のどのパーツも、俊樹と陽葵は一切似ていない。

加えて妻は、以前は社交的で色々な男性との関係もあった。

突然疑念に思った男は、こっそりとDNA鑑定をする事に。

すると衝撃の結果が帰って来た。

なんと親子関係0.00%という結果だった。

陽葵は他人・・

絶望な気持ちの俊樹は、突然陽葵に変な感情を抱き始めた。

「そうか…他人なら別に…」

「お、お父さん…?」

 

第2話 中に出したけど親子じゃないから問題ないよな

自暴自棄になっていた俊樹は、もうあと先の事は考えていなかった。

たわわなおっぱいをブルンブルン揺らし、四つん這いにさせて陽葵のアソコを弄り回していた。

思わず声が出てしまう陽葵。

そして我慢が出来なくなった俊樹は、ビンビンに勃ったチ●コを陽葵のマ●コに押し当てて、擦り始めた。

陽葵はやめてと必死に泣きながら抵抗をするも、俊樹のチ●コは気が付いたら陽葵の中に挿入ってしまっていた。

 

第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして

娘だった陽葵に生ハメ中●しをキメてしまた俊樹。

しかし自暴自棄の中年の欲望はもう止まらない。

陽葵の処女マ●コが、キツキツでいつまでも膣内でチ●コにねっとりと絡みつく。

ありえない快感が俊樹を襲い、気が付いたら何度も何度も陽葵を犯●まくっていた。

陽葵はもはやレ●プされているも同然で、マ●コを俊樹の思うがままに弄られまくっていた。

しかし突然、ふと我に返った俊樹。

目の前に四つん這いでマ●コ丸出しで泣いている陽葵。

今まであった幸せを、自らの手で壊してしまった…と感じた瞬間だった。

そしてゆっくりと立ち上がり、既に妻と陽葵に宛てた手紙を机の上に置き、倒れている陽葵を置いて家を出て行った。

すると、

「お父さんっ!!!」

振り返るとバスタオル一枚巻いて裸の陽葵が立っていた。

すると陽葵は

「怒ってないよ・・・」と言い始め…

▼無料試し読みはコチラ▼

 

第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいから

お父さんの、気持ち良い事してあげる…

先日の様に警察に出頭してしまうのを恐れていた陽葵は、自分はちっともこの前の事を気にしていないと言わんばかりに俊樹のチ●コを手コ●していた。

どこにも行かないで欲しい…お父さんとずっと一緒にいたい…

ずっと父親の事が大好きな陽葵は、俊樹と離れてしまう事を恐れている。

そして、ずっと一緒に暮らしてくれるなら…と、自らエッチなご奉仕をしていた。

この日は授業中にこっそりAVを見て覚えたという、手コ●とフェ●。

ぎこちないながらも、小さな口で舐めたり吸ったりと…オ●ホ代わり

ついこの前まで娘として接していたのに…

今や俊樹のオ●ペットと化してきていた。

 

第5話 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて

もう一度チ●コを挿入てほしいとおねだりしてきた陽葵

初めて犯●れた時の感情のままでいるのがモヤモヤするらしい。

四つん這いになってお尻を突き上げて、マ●コがくぱぁ…と広がっていてヒクヒクしている。

それを見てビンビンに勃ったチ●コがゆっくりと、陽葵の中に挿入っていく。

ヌププ…

「っ!!」

大きな大人の逞しいチ●コが陽葵の小さな穴に挿入り、膣内の肉がチ●コに絡みついている。

前回はレ●プされたのと、気持ちの整理が付いていなかったからあまり感じなかったが、今回は明らかに気持ち良い…

陽葵はしぜんと喘ぎ声を出していた。

段々と気持ち良くなってきた陽葵は、次は自分が上になると言い出して・・

 

第6話 妻に隠れて若い娘と浮気交尾に耽る日々

気持ち良さに目覚めてしまった陽葵。

学校から帰るなり陽葵は俊樹のチ●コを咥えていた。

クリでいつもオ●ニーをしているという陽葵は、俊樹にアソコを舐めてとおねだり。

2人は69をしていた。

陽葵と俊樹は、隙があればセックスをする様になった。

しかし活発で積極的な陽葵。

母親譲りなのか、もう我慢が効かなくなっていた。

とうとう母親が寝ている横で大胆にもセックスを始めてしまった。

陽葵はあまりの気持ち良さで声が出まくっている

壁一枚隔てた向こうには母親が寝ていたが…

▼続きはこちら▼

第7話 親子でAV鑑賞して父親チ○ポで娘の性教育

この日は2人でAVを陽葵の部屋で見ていた。

普段自分でAVを見て勉強している陽葵。

 

「お父さんの方がえっちなの知ってるかなって思って」

といい、俊樹と観始めた。

 

父親だった俊樹と、娘だった陽葵が2人でAVを見ているという変わった光景だが、2人の性欲は止まらない。

 

俊樹はすぐにチ●コが反応してしまう。

 

陽葵も人知れずあそこがムズムズ、

マ●コを濡らしていた。

 

そして今にもハメたそうな顔をして、俊樹の上にまたがった。

 

今までさんざんセックスしてきたが、今回は初めてコンドームを付けてのセックス

今更感は満載だが、俊樹とのセックスをより楽しむために、陽葵は買って来たという。

 

そして騎乗位で俊樹のチ●コにハメて、腰を振り始めた陽葵

 

ん❤おっぱい重い・・・

邪魔だなぁ・・・ん❤

 

腰を動かす度に揺れるおっぱいを、俊樹は乳首を責めて遊んでいた

 

それによって陽葵の感度が更に増した。

 

あっあんっ❤気持ちいい・・

 

第8話 若いメスとの生セックスは中年精力に火を付けて

まだセックスを続ける2人は、今度は陽葵が横の姿勢で挿入することに。

結局コンドームは使わずじまい(笑)

 

横の体制で初めてセックスした陽葵。

内臓が圧迫され、普段刺激されない膣内がこすれてかなり蕩けた表情の陽葵。

 

あぁ…気持ちいい❤

やっぱりお父さんの気持ちいい❤

 

自分で乳首も弄り始め、さらに気持ち良さが増していた。

 

もっとしたい…続けてお父さん❤

いや…俺はもう出そうだ…うっ…

 

2回目とは思えないほどの量をドクドク陽葵の中に出していた。

陽葵は間髪入れず、またしたがっていて、まだマ●コをヒクヒクさせていた。

陽葵は俊樹といつまでもセックスがしたくてたまらない身体になりつつあった。

 

―後日、妻が買ってきたスーパーの弁当を3人で食べていた。

最近妻はスマホばかり弄っている。誰とラインしているのか陽葵が聞いても「ともだち」としか答えない。

 

そして、なぜか急に俊樹に今夜は一緒に寝ようと誘ってきた

その瞬間、テレビを観ていたが一瞬顔が強張った陽葵。

 

そして妻の寝室に行くと、下着姿の妻が四つん這いで俊樹を待っていて、セックスを誘っていた。

 

バックの状態で妻のアソコに挿入てみたが、お尻のハリや挿入れ心地など…無意識に俊樹は陽葵と比べていた。

 

妻は妻で、膣をうねうねさせながらどのタイミングで男が悦ぶのかをなぜか探っていた…

そして久しぶりの2人のセックスは、無言で過ぎていた・・・

 

第9話 「私のほうが気持ちいいでしょ?」妻と比べる娘の抱き心地

久しぶりの妻とのセックスをした次の日、俊樹が帰宅早々陽葵はスーツを引っ張り部屋に連れ込んだ。

 

そして部屋に入るなりすぐさま股を開いて俊樹とのセックスを待ち侘びていた。

マ●コをヒクヒクさせ、そこからは愛液がトロトロと出まくっていた。

 

「学校にいる時からずっとお父さんの欲しかった」

 

すでにオ●ニーで愛液で濡れまくっていた陽葵のマ●コは、俊樹のチ●コにしかもう目がなかった。

 

最初から思いっきり乱暴にやって!!!❤

俊樹は初めから激しく陽葵にピストンを続けた。

 

すると

 

「私とお母さん…どっちの穴の方が気持ちいい?」

陽葵が急に質問をしてきた。

 

陽葵の質問になにも答えようのない俊樹は、更に強く腰をピストンし、陽葵を感じさせていた。

そして陽葵はお風呂に俊樹を誘い、一緒に入ることに。

妻は自室でスマホをいじっていたので、その隙に2人で浴槽に行き、バックで挿入れ始めた。

 

風呂場にパチパチとバックでしている音と、マ●コのズブズブ音が響いていた。

「私の若い穴のほうが好きなんでしょ?」

陽葵は執拗に聞いてきた。

しかし最後には理由が明らかに・・・

▼続きはこちら▼

 

第10話 幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体

 

第11話 私、お父さんと会うために産まれてきたんだね

 

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 登場人物

陽葵

  • 父親だと思っていた男からとつぜんセックスされる
  • 処女

 

俊樹

  • 陽葵の父
  • 大事に育ててきた娘が自分の子じゃなかった
  • 性欲はスゴイ

 

手塩にかけた娘はBookLiveコミックで読める!

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

こちらは、BookLiveコミックで先行独自配信される予定です!

 

チンジャオ娘の作品を、どこよりも早く読むとしたら、BookLiveコミックに登録しておくのが一番です。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでは、FANZAなどでも配信される予定ですが、だいたいBookLiveコミックで配信されてから1ヶ月半~2ヶ月は時間がかかります。

 

なので、どこよりも早くこのエロ漫画を読みたいとしたら、BookLiveコミックで読むのがおススメです☆

 

 

手塩にかけた娘作者 チンジャオ娘・小桜クマネコ過去作品

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

親に長い間、性的虐●、監禁をされていたナナ。

やっとの思いで逃げてきた先で、石川という男と出会う。

 

石川はナナを保護し、愛情たっぷりの温かいご飯を食べさせたが、ご飯の御礼にとなぜか急にチ●コをフェ●してくれた!?

 

男は基本的に下心があるという偏見を持つナナと、無償の愛をナナに与え続ける男のハートフルエロ漫画。

 

ご飯のおかげでガリガリだったナナの身体も肉付きが良くなり、さらにはおっぱいも大きくなってきた♡

 

そしてFカップにまで成長したナナは、もっと胸を大きくしたいと言い始め…

 

 

親からの虐●シーンから始まるエロ漫画。

始めは無表情だったナナも、だんだんと笑顔になってきてか、可愛い…♡

しかも骨まで浮き出ていた身体だったのが想像できないほどに肉が付き…

 

巨乳好きも、ぽっちゃりマニアも一瞬確実に抜けるシーンもありますので、万人が楽しめるしシコれるエロ漫画となっています!!

 

 

いじめっこ女子と無人島に漂流したら

中年教師の熊谷は、女子生徒・舟崎未海からイジメを受けていた。

 

顔は可愛いけれど超生意気な性格の未海は、海外修学旅行中に船の上で勝手な行動を取ろうとする…

そこで止めようとした熊谷と共に海へ転落してしまった!

 

なんと二人は無人島に漂流!

 

「最低!こんなところでアンタなんかと二人きりなんて!」

こんな状況でも相変わらず教師を奴隷扱いしようとする未海だったが

読んだって誰も来ない状況に気付いた熊谷は、未海を押し倒して復讐レ○プ!

法律もないここじゃ、お前みたいな小娘は大人の俺のオ○ホになるしかないんだよ!!

 

始めは強気な発言をしていた未海も、熊谷に頬をビンタされ涙目に。

そして熊谷は、発育の良い思春期の身体を好き放題貪ってセッ○ス専用ペット扱い!

 

初めは屈辱に泣いていた未海も、やがて熊谷のオスとしての逞しさが無いと、ダメになってきてしまった。

そして未海は熊谷に惹かれるようになり…

 

無人島で女子と二人きり、二匹の動物になって交尾に耽る無人島セッ○スライフ♪